Business
事業内容

コンサルティング Consulting   

技術の向上

デルフィーは世界中の200名以上のスタッフが生産現場でコンサルティングを行っている世界最大級の企業です。 私たちデルフィージャパンは、知識や技術に基づいた植物体管理や環境制御、労務管理について助言をします。 生産現場である圃場での栽培コンサルティングにより、日本の生産者の方に新しい形の農業がスタートしていただけるようお手伝いさせていただきます。

詳しくを見る
閉じる
個別コンサルタント
お一人お一人に合せた栽培に関する知識と技術を提供します。目標をお伺いし、戦略を策定し、高い成果を得られるようにお客様に寄り添いサポートいたします。 デルフィージャパンは特に高度な最先端の施設園芸へのコンサルティングを得意としています。
■次のような方におすすめです。
  • ・大規模生産者
  • ・新規事業として農業に参入された企業
  • ・養液栽培やコンピュータ制御など次世代の栽培施設を取り入れた生産者
グループコンサルタント
スタディークラブ(勉強会チーム)などのチームで活動している生産者向けのコンサルティングです。知識と技術を提供するとともに、高いモチベーションを維持できるような情報も提供いたします。またチーム内でのデータの整理方法や共有方法、解析方法についても助言いたします。 チーム内での積極的な情報交換は高い成長を可能とします。
■次のような方におすすめです。
  • ・生産現場で助言が欲しい小規模生産者
  • ・3~10名程度の生産者チーム
  • ・データの共有方法を知りたい方

教育・研修 Education and Training

知識の向上

生産現場で技術を高めるためには、基礎的な植物生理や栽培施設内の物理環境を理解する必要があります。 私たちデルフィージャパンはこれらの技術を理論に則った実践的な知識としてセミナーや勉強会を通して多くの皆様に提供しています。 栽培に関する理論を理解することで、多くの生産者や関係者の皆様が、自ら考え、自ら判断できるような栽培を実践してもらうことが私たちの願いです。

詳しくを見る
閉じる
勉強会、セミナー
現在の収量や品質をさらに高めたいと考えている方向けの研修会です。植物とは何か?光合成とは何か?施設園芸の特徴は何か?という基礎的なところから植物体管理や環境制御、病害虫防除、労務管理などを習得できます。 デルフィージャパンが主催で実施するものとお客様の依頼で実施するものがございます。
■次のような方におすすめです。
  • ・現状に満足していない方
  • ・新しいことに取り組みたいが何からやったら良いか分からない方
  • ・栽培に関する基礎知識を高めたい方
官公庁向け研修会
近年スマート農業の普及が始まっていますが、どんなに設備やICT(ハード)が発達しても植物や栽培環境に関する知識(ソフト)は不可欠です。デルフィージャパンは機器を利用する上での基礎的知識から実践的活用方法までを農業指導機関の方と共に生産者の皆様に、その地域、その作物にあった形での研修会を実施しています。 本取り組みでの成功のポイントは生産者と官公庁の方、そしてデルフィージャパンの協働と役割分担です。
■次のような方におすすめです。
  • ・機器は導入されたが活用方法が十分ではないことをお悩みの官公庁の方
  • ・官公庁主催で生産者向けの年間を通した定期的な研修会を実施したい方
  • ・生産者向けの研修会を実施したい指導機関の方

プロジェクト Project

道具の向上

施設園芸は露地栽培とは異なり、資本(機器や設備)と資源(エネルギーや肥料)を積極的に投入することで生産性の高い農業を実現する栽培方法です。 事業計画や施設デザインは非常に重要になり、それらを活用できる栽培管理責任者も必要となります。 道具の整備と人材の育成は、教育・研修で知識を得て、コンサルティングで技術を向上させる上で必須の事項です。

詳しくを見る
閉じる
事業計画、設備設計
目標を実現させるための、栽培計画や栽培方法および目標達成に必要な施設構造や設備機器を独立型コンサルタント会社として助言いたします。実現目標をイメージしていただくために実際の施設見学等もご案内いたします。 事業の目標達成のスタートはここから始まります。
■次のような方におすすめです。
  • ・新規事業として施設園芸に取り組みたい企業の方
  • ・目標達成のためにどのような栽培施設が良いかお悩みの企業の方
  • ・より高い次元を目指した新しい栽培施設を建設したい生産者の方
人材育成
高度な施設には高度な知識が必要となります。知識をもとに考えて判断できる人材を生産圃場での研修やセミナー等を通じて育成していきます。 優秀な栽培管理責任者の存在は事業開始時の高い目標達成を実現可能なものにします。
■次のような方におすすめです。
  • ・施設園芸を始めたいが栽培担当者がいない企業の方
  • ・知識を習得した栽培担当者を育成したい企業の方
  • ・事業拡大の上で頼れる人材を育成したい生産者の方