Message
私たちの想い

Our mission

日本の栽培技術にオランダの
先進栽培コンサルティングを取り込み、
日本の生産現場に最適な形で支援をしていきます。

現在、私たちの住む日本を取り巻く環境は、海外との関係や国内の経済状態など、目まぐるしく変化している中、これまでは農業だからと曖昧にしてきた部分も、しっかり向き合っていく必要が出てきます。
日々変化していく状況に対応していかなければならず、今までのように生産者個人での対応では、成果を出すのが困難な状況にあります。
そのような中、海外の農業界では客観的指針や判断材料、成果向上の為にコンサルタントが大きな力を発揮しています。
私たち「デルフィージャパン」は農業におけるコンサルタントに特化した会社です。 目まぐるしく変化する時代の流れを的確に読み、生産者が望む成果向上を実現 する為、様々なコンサルティングプランで全面支援していきます。

Message

生産者の「成果の向上」を
共に目指していきましょう

私たちデルフィーグループは世界中の農業に関するあらゆる知識と技術を保有する国際的な企業です。農作物の栽培に関する最先端で実践的な専門知識を生産者や企業の方にサービスの形で提供しています。本拠地はオランダですが、15ヶ国の支社を通じて世界中で活動を行っています。
デルフィージャパンは、株式会社誠和とデルフィーBVの数年にわたる密接な協力関係の後、2014年に設立されました。日本とオランダの400年以上にわたる親密な商業関係は、デルフィージャパンの円滑な設立に貢献しました。

デルフィージャパンは、農業および園芸のより高い知識サービスにより皆様のパートナーとなることを目指しています。新しく開発されたオランダの知識は、日本のチームによって日本の気象条件や社会環境に適応した知識や技術に変換され提供されています。私たちデルフィージャパンの専門家は、お客様の収量および品質向上と経費削減を支援することで、ビジネスにおける知識と収益向上に貢献できものと信じております。

代表取締役 アード・ファン・デン・ベルグ

園芸分野での知識開発および調査研究

デルフィー・インプルーブメント・
センターのご紹介

デルフィーインプルーブメント
センターとは

知識開発はデルフィーの重要な業務です。デルフィーはオランダのブレイスワイク(Bleiswijk)にインプルーブメントセンター(Delphy Improvement Centre)という最新式のグリーンハウスを有しています。センター内の9つの1000m2の栽培区画では、栽培に関する新しい概念の開発と栽培試験および実証が行われています。 知識開発とは、知識の共有をも意味します。デルフィーはセンターの敷地内に園芸体験センターを設置し、世界中から学生と研修生が訪問しています。

政府公認の研究施設

インプルーブメントセンターはオランダ政府公認の研究施設です。センターでは多くの政府や民間の資金による試験を行っており、 各試験は生産現場の状況と密接に関連しています。 出資者である機器や種苗メーカーと生産者(グループ)は、試験の計画と進行状況の確認に積極的に参加しています。

インプルーブメントセンター
での実験

インプルーブメントセンターは、様々な作物の栽培に関する試験を行っています。 これは新しい栽培概念や新しい栽培知識を提供します。さらに、種苗会社向けの様々な品種試験も行っています。

各試験はデルフィーのお客様である生産者との密接な連携のもと、内容を厳選して行われています。 知識開発では試験実施の出資者の視点に焦点を当てており、生産者組織の委員会での調整のもとで試験が計画され実施されています。 生産者は集中的に行われるコンサルティングに参加することで、結果がどのように達成されているか、まだ達成できない点は何かを知ることができます。 さらにデルフィーの栽培専門家が打合せに積極的に参加することで知識の実用性を保証しています。