2024.06.04
オンラインセミナー
【栽培を成功に導く】デルフィージャパンオンラインセミナー

 

デルフィージャパン オンラインセミナーの特徴

デルフィージャパンオンラインセミナーの特徴

最先端で実践的な知識を提供

世界最大規模の栽培コンサルティング企業として、オランダの先進栽培知識を日本の生産現場に最適な形で提供します。

チャットで質問、疑問を即解決

デルフィージャパンは参加型のオンラインセミナーを目指しています。
チャット機能を使って疑問をその場で解決できるほか、終了後はすべての質疑応答が共有されます。
一人では得られない気付きを得ることが可能です。

自ら考え行動できる判断力が身につく

単なる栽培マニュアルではなく、植物生理や物理環境の基礎知識からお伝えします。
植物やデータの見方を基本から知ることで、状況に応じた判断力が身につきます。

オンラインセミナーのお申し込みはこちらから

 

開催中のセミナー

 

第2回トマト編オンラインセミナー

2024年第2回トマトオンラインセミナー詳細

梅雨の気象と管理のポイント
梅雨時期の管理の難しさは日射に対して温度が高いこと、そして晴れ間による環境の急激な変化にあります。
気象条件に合わせた植物体管理、環境管理についてお伝えします。

受粉と環境要因
受粉が不十分だと、収量に関わるばかりかその後の管理が煩雑になってしまいます。
温度、湿度、日射など、受粉と環境の関係について学びましょう。

マルハナバチと着果ホルモン処理
高温期に入ると、マルハナバチから着果ホルモン処理への移行が必要です。
その時期と考え方を知り、着果を落とさず安定した出荷を目指しましょう。

第2回のお申し込みの締切りは、6月26日(水)まで

第1回イチゴ編オンラインセミナー

イチゴにおける花芽分化の重要性
収穫が遅れたり、収穫できない期間が大きくなったりしていませんか?
その不調、定植苗の花芽分化が原因かもしれません。
花芽分化の条件と育苗について学びましょう。

育苗中の温度、日射量、かん水
ますます苛酷になる夏の高温。
厳しい環境下でも理想の苗に仕上げるための環境についてお伝えします。

炭疽病と病害虫対策
イチゴ生産において最も重要な病害、炭疽病。
その生態を学び、あなたの圃場で実行できる対策を考えましょう。

第1回お申し込みの締め切りは、2024年6月6日(木)まで

 

講師紹介

 

斉藤 章(さいとう あきら)

株式会社デルフィージャパン ホーティカルチャースペシャリスト

年間で100回以上、延べ3000名以上を対象に施設園芸での実践的な環境制御方法や栽培方法に関する自治体研修会やセミナー、コンサルティングを実施

0.1haの新規就農者から4.5haの地域のトップクラスの収量を目指す大規模生産者まで、様々な生産者を対応

施設園芸新規参入企業に対する事業計画や施設・設備設計、人材育成を実施

直近の5年間ほどで、私の話を参考にして収量を130%以上に増やしてきた300名以上の生産者にお会いして話をしてきた

加納賢三(かのう けんぞう)

平成7年4月 株式会社誠和 入社

研究開発本部に所属し、イチゴの栽培システムやトマト苗の底面給水装置等の開発業務に従事

誠和の研究農場において、日本に合ったイチゴ、トマト等果菜類を中心とした栽培技術に関する研究開発に従事

第7回世界イチゴ大会(2012年中国)において現地栽培指導を担当

平成27年トマトパーク事業部に異動、トマトパークアカデミー研修生の教育等を担当

平成29年10月 株式会社デルフィージャパンに転籍(栽培コンサルタント)

 

今後のスケジュール

 

トマト編スケジュール

2024年度トマトオンラインセミナー予定

 

イチゴ編スケジュール

2024年イチゴオンラインセミナー予定

 

そのほかオンラインセミナーのスケジュール

2024年セミナー年間計画

キュウリ編

作物別オンラインセミナーの第3弾、キュウリセミナーを開催いたします。
8月~12月までの全5回!
理想の収穫速度は?蒸しこんではいけないって本当?果実が曲がって困るんだけど…
栽培のお悩みを、キュウリエキスパート木村が基礎から徹底的に解説いたします。
2024年7月ごろお申込み開始予定

施設・設備編

生産性の多くを決定づけてしまうのが、施設、設備の構造です。
光をもっとも取り入れやすいカーテンの遮光率は?
暖房、かん水、CO2供給に必要な設備の能力とは?
収量を上げるために必要な畝間、株間、条間とは?
ハウス建設や改修を計画されている方、せっかく投資するなら正しい知識を仕入れて最適な栽培環境を整備しましょう。
第1回お申し込み締め切りは2024年6月10日(月)まで

養液栽培編

肥料組成、ECとpH、季節ごとのかん水量…
植物栽培の基礎でありながら、最も難しいのが肥料と水。
…そう思っていませんか?
実は、基本さえ押さえれば意外とシンプル!
難しい議論を始める前に、正しい知識を得ることから始めましょう。
2024年8月ごろお申込み開始予定

環境制御編

ベテラン生産者のみなさんでも、意外と見落としがちなのは環境データ、CO2施用、そして空気の動き。
なぜなら、それらは作物の変化と違って目に見えにくいからです。
ただし、植物生理の観点からみると何一つ欠かすことのできない重要事項!
光合成を高め、収量をさらに向上させるための知識をお伝えします。
2024年12月ごろお申込み開始予定

オープンセミナー

毎年お送りしている無料のオンラインセミナーです。
今年のテーマは植物生理(8月開催)とスマート農業(12月開催)!
基礎知識と最先端の技術、双方をお得に学べる機会です。
お見逃しなく!

オンラインセミナーの年間予定はこちらから

 

よくあるご質問

視聴方法、お支払いなどよくあるご質問はこちらから